Googleタグマネージャーの紹介

無料で高機能な言うことなしに思えるGoogleアナリティクスですが、仕事上でいつも不満に思っていた所があります。

それは、

「イベントトラッキングなどの設定の時にコーダーに依頼をする必要があること」

です。

自分はHTMLに関しての知識はさっぱりなので、色々やりたいことがあってもいちいち人に頼まないといけない。
そんな中で出会ったのが、この Googleタグマネージャー

細かい設定をするのには多少の知識が必要ですが、一度設定してしまえば後からイベントトラッキングを追加したり、クロスドメインでのアナリティクスのデータ取得など、ソースの変更の手間なしにすべて管理画面で完結できます。

今日はそんな超便利な Googleタグマネージャー の設定についてメモしておきます。
とりあえずGoogleアナリティクスの設定まで。

Googleタグマネージャーの設定方法

Googleタグマネージャー アカウントの作成

google_tag_manager_setting

google_tag_manager_setting_1

Googleアカウントがあるという過程で書きますが、まず Googleタグマネージャー のサイトにアクセスして、「今すぐ登録」をクリック。
アカウント作成の画面に進むので、「アカウント名」を入力して次へ進みます。
僕はすべてドメインにしています。
※データ共有はどちらでもOKです。

Googleタグマネージャー コンテナの作成

google_tag_manager_setting_2

コンテナ名には先ほど同じでサイト名を入力します。
次にウェブページを選択してドメインを入力、タイムゾーンも選択します。
入力したら、「アカウントとコンテナの作成」をクリック。

google_tag_manager_setting_3

使用許諾の画面がでるので、「同意する」をクリックします。

Googleタグマネージャー タグの作成

google_tag_manager_setting_4

アカウントとコンテナができると、次にタグの作成に移ります。
ここでは「Googleアナリティクス」を選択します。

google_tag_manager_setting_5

タグ名にはわかりやすい名前をつけます。
僕はそのままAnalyticsにします。
タグの種類はユニバーサルアナリティクスで。
トラッキングIDには、GoogleアナリティクスのプロパティのIDを入力します。
ディスプレイ広告向け機能を有効にするにチェックをいれます。

ひと通り入力したら、右上にある配信のルールをクリック。

google_tag_manager_setting_6

ポップアップが開くので、「すべてのページ」にチェックを入れて保存します。

google_tag_manager_setting_7

トラッキングタイプは、ページビューのままでOKです。

そのまま一番下にある「保存」をクリックします。

Googleタグマネージャー バージョンの作成と公開

google_tag_manager_setting_8

タグの作成が終わるとコンテナの画面に戻ります。
ここで終わりと思う人も多いのですが、このままだと非公開の状態なので、公開作業を行います。
Googleタグマネージャーはバージョンで管理されていますが、そのへんはとりあえず割愛。

右上に「公開」ボタンがあるのでそちらをクリック。

google_tag_manager_setting_9

ポップアップが開くので、「公開」をクリック。
これでGoogleタグマネージャーでのGoogleアナリティクスの設定は完了となります。

ワードプレスにもGoogleタグマネージャーを設置!

ワードプレスには、Googleアナリティクスを簡単に設置できるプラグインがあったり、標準で対応しているテーマがあったりしますが、僕は断然こっちのGoogleタグマネージャーを設定することをおすすめします!!!

なぜなら、外部リンクのクリックを簡単に測定できたり、複数のGoogleアナリティクスのタグを設置できたり、純粋に便利だからです。

ワードプレスにGoogleタグマネージャーを簡単に設置できるプラグインがあったので、そちらも紹介しています。

よろしければ参考までにどうぞ。

ワードプレスにGoogleタグマネージャーを設置できるプラグイン DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress