ウドの楽園でウド祭り

一昨年から通っているウドの楽園。
このポイントは、斜面一面にウドが生えているとっておきの場所。

下見に行っていた師匠から、
『今年も良さそうだよ!』
という情報をもらっていたので、師匠とともに参戦。

山菜採りの様子

ポイントまでは1時間以上かかるので、この日は5:00に集合してポイントへ。
林道は例年だと雪が残っているため途中から徒歩になるのですが、今年はやはり雪解けが早くすんなりと車でポイントまで到着。

見える見える・・・。

結構な斜面なのですが、上からもたくさんのウドが待ち構えているのが。
軽く準備運動をしてから斜面を慎重に下っていく。

wild-plants-2015-05-05-02

なかなか急な斜面です・・・。

ちなみにこういった場所は危険なのでスパイク付きの足袋がオススメ。

道中には多少スリムだけどいい感じのウドさんがちらほら。

wild-plants-2015-05-05-01

更に下るとまたまたいい感じのウドさん。

wild-plants-2015-05-05-03

全く手付かずの青こごみが群生していて、その中からウドを探す。

2015年5月5日の山菜採りのまとめ

wild-plants-2015-05-05-04
最終的には80Lクーラーいっぱいのウドを採ることができました。

ただ全体的に線が細くなっていたので、ここ2~3年はそっとしておこうということになりました。
また新しい楽園を探さねば!

山菜採りにおすすめのナイフ

山菜採りのマナーとして『根は残す』ということは基本。
特にウドのような山菜は、土がかぶっている部分が多いので掘って根元から切るのが理想です。
そんな時には山菜用のナイフがおすすめ。

見た目もカッコイイですし、何より格段に収穫が楽になります。