ワードプレスを利用していて、アップデートや独自のカスタマイズを行った際に、不具合が出てしまったことはありませんか?
自分も利用し始めて最初の頃に何度か体験したことがあります。

また、ワードプレスのサイトを狙った改ざんの被害なども耳にしたことがあるので、万が一のためにも定期的にバックアップを行うことをオススメします。

このページでは、ワードプレスのバックアップ方法を簡単に説明したいと思います。

ワードプレスのバックアップについて

ワードプレスのバックアップは大きく分けて、

  • 手動でバックアップ
  • プラグインでバックアップ

この2種類の方法があります。

プラグインでのバックアップには、BackWPupがおすすめです。
バッヂ処理で定期的にバックアップを取ることができる他、管理画面から1クリックでバックアップをとることもできます。

プラグインの説明はまた今度書くことにして、今回は手動でのバックアップについて説明します。

ワードプレスのバックアップ方法

サーバー上のワードプレスのフォルダをまるごとバックアップ

  1. FTPソフトを使ってワードプレスを設置しているサーバーに接続。
  2. ワードプレスのバックアップ方法│不具合時の保険やサーバー移管にも使える①

  3. ワードプレスを利用しているサイトのディレクトリをまるごとコピーする。
  4. ワードプレスのバックアップ方法│不具合時の保険やサーバー移管にも使える②

  5. ファイルの転送が終わったら完了です。
  6. ワードプレスのバックアップ方法│不具合時の保険やサーバー移管にも使える③
    ※回線状況やサイトのボリュームにより結構時間がかかるので、余裕を持って作業することをオススメします。

ワードプレスのデータベースをバックアップ

ワードプレスのデータベース(mysql)のバックアップ方法を紹介します。
mysqlは、phpMyAdminで触る必要があります。
この記事はロリポップの管理画面で行っていますが、大体のサーバーにはphpMyAdminが使われていると思うので、その前提で説明します。

  1. phpMyAdminにアクセス。
  2. ※ロリポップの場合
    ロリポップのユーザー専用ページの左メニューから、データベースをクリック。
    ロリポップのphpMyAdminでバックアップをとる方法①
    該当するデータベースの「操作する」をクリック。
    ロリポップのphpMyAdminでバックアップをとる方法②
    ユーザー名とパスワードをコピーして、phpMyAdminを開く。
    ロリポップのphpMyAdminでバックアップをとる方法③

  3. 必要事項を入力してphpMyAdminにログイン。
  4. ロリポップのphpMyAdminでバックアップをとる方法④

  5. ログインしたら、左側にあるデータベースから該当するものを選択。
  6. ロリポップのphpMyAdminでバックアップをとる方法⑤

  7. エクスポートをクリック。
  8. ロリポップのphpMyAdminでバックアップをとる方法⑥

  9. 「実行する」をクリック。
  10. ロリポップのphpMyAdminでバックアップをとる方法⑦

  11. ファイルが保存されたら完了です。

まとめ

作業自体は簡単なので、万が一のためにも定期的にバックアップすることを推奨します。
また、レンタルサーバーによっては、自動でバックアップしてくれるところもあるので、サーバー選びのポイントとして重視するのも良いかもしれません。
プラグイン同士の相性などで画面が真っ白になったりすることもあるので、定期的に保険はかけておきましょうね。