仕事でEC-CUBE2系を利用して制作したサイトにcanonicalタグを追加したので備忘録的にメモしておきます。

EC-CUBEを使えば簡単にECサイトができちゃうのですが、SEO的には微妙な感じ。
そろそろEC-CUBE3の正式版が公開されるはずなので、内部SEOもパワーアップすることを期待してます。

canonical追加の手順は下記の通り。

EC-CUBEで制作したサイトにcanonicalタグを追加する方法

環境は、EC-CUBE2.13 & AWSです。
canonicalを追加する際は、管理画面からはできない(はず!)のでFTPソフト等を利用して直接ファイルを編集する必要があります。

EC-CUBEでcanonicalタグを追加する手順

  1. FTPソフト等を利用して /data/Smarty/templates/default/site_frame.tpl を開く。
  2. ※テンプレートを変更している場合は default の部分を書き換えて下さい。

  3. head内に下記のコードを追加。
  4. ※https://hoge.com は、自身のサイトURLに書き換えてください。

    色々なサイトを見てみましたが、よく紹介されている

    このコードを追加するだけだと、トップページでcanonical URLの最後に / が追加されてしまうため、トップページのみの条件分岐を加えて切り分けました。

この手順でcanonicalを追加できます。

まとめ

とりあえずこの方法でcanonicalは追加できます。
が、transactionid などがURLに付与された時にcanonicalにも含まれてしまうため、除外する方法を調べてみましたが、僕の力量ではわかりませんでしたorz
この他にも description をユニークっぽく弄りましたが、こちらもカテゴリのページ数を追加できなかったため、まだ対応中です。できたら紹介したいと思っています。

内部SEOとしては大きい効果があるわけではないですが、canonicalは設定していないよりもしているほうがいいので、まだな方はぜひ参考にしてみてください。